読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちぎっては投げるブログ

Programming, Android, RaspberryPi, Digital Devices, Kinkuma Hamster...

ハムスターを飼おう 6日目の様子 温度調整器具と暖突の導入

キンクマハムスター

denpa-shinbun.com

軽く指を噛まれる

エサを手からあげていたら指に興味を持ったようで、そのままカプリとやられた。

あんまり痛くはなかったが、そのまま強められても困るのでゆっくりと離れさせた。

焦らず慣らしていかないとダメなようだ。

六日目の動画


眠そうにエサを食べるキンクマハムスター

土日で見ていたが、昼間もたまに起きてトイレに行ったり、餌を食べに出てきたりする。 昼間の眠そうな様子をYouTubeにあげてみた。BGMがでかいかも……。

暖房器具の追加

寒さ対策にと注文していた商品がようやく入荷されたようで、暖突Mサイズとサーモスタットが届いた。

f:id:mczh:20161113182032j:plain

暖突は上から暖めるタイプのヒーター。通常は暖かい空気は上に向かって行ってしまうが、特殊な構造か何かで下に温度を伝えられるらしい。ハムスターは風を嫌うので、温風を送る仕組みじゃないのは嬉しい。

だが、暖突は暖める機能のみで、温度調整まではしてくれない。

そこで、温度を測って調整する器具を追加する。それがサーモスタットだ。今回は、小動物用と書いてあったミニマルサーモを購入した。Amazonのタイトルは鳥用となっているが説明は小動物も含まれる。

温度を測って、指定した温度を超えている場合には電源供給を止める仕組みだ。

外観

f:id:mczh:20161113182142j:plain

f:id:mczh:20161113182111j:plain

スケール感は上記の写真のように、デュナマルティ(ケージの商品名)の上部金網のだいたい半分をカバーする。

ただし、この撮影後に気がついたのだが、この向きだと蓋が閉められない。ダントツは横向きにつける必要がある。

f:id:mczh:20161113182041j:plain

ミニマルサーモの温度を測る部分はこのように吸盤になっている。ハムスターの手が届かない高さにつけよう。

ケージへの取り付け

f:id:mczh:20161113182124j:plain

横につけると良い感じのサイズ感だ。

この写真は仮止めしたときなので、二カ所しかビス留めしていないが、このあとに四カ所ちゃんと固定した。

f:id:mczh:20161113182059j:plain

サーモスタットもこのように。ちょっと吸盤が剥がれそうで怖い。

f:id:mczh:20161113182152j:plain

デュナマルティだと、ちょうどよくケーブルが通るだけの隙間があるため、ケージに穴を開ける必要はなかった。素晴らしい。

良いケースだ、デュナマルティ。

f:id:mczh:20161113182135j:plain

最後に電源を繋ぎ、サーモスタットの温度調整を確認する。

20-25℃くらいが良いだろうと思うが、サーモスタットの設置位置が高め&そこまで温度計測が厳密ではないので、何度にしておこうか悩む。とりあえず22℃付近にしておいた。

これで冬対策は完了。真冬を乗り越えよう。

denpa-shinbun.com