読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちぎっては投げるブログ

Programming, Android, RaspberryPi, Digital Devices, Kinkuma Hamster...

ひさしぶりにGitHubトレンド、機械学習で屋内位置測位やDeepMindが使っている深層学習ライブラリなど[TIL]

かなり久しぶりにGitHubのトレンドをざっくり眺めた記事を書いてみる。

機械学習で屋内位置測位

github.com

おおざっぱな位置測位としてよくあるWiFiの電波強度での位置測位。

だいたい2-10メートルぐらいの精度が出る。

学習にはsklearn’s RandomForestを使うらしいが、私はその詳細は知らない。

認識させたいそれぞれの箇所で、任意サンプル数で学習させるようだ。

Pythonで書かれているが、スマホで動くようならスマートホーム周りで使いみちがありそうに思う。

屋内位置測位の別の方法としては、BLEビーコンを置きまくるという方法もあるが、お金がかかるので、可能であるならどこのご家庭にもあるWiFiルータで位置測位が出来ると嬉しい。

ただ、10メートルもずれると一般的な住宅では使い物にならないか。

Bashの操作ガイド

github.com

基本的なコマンド、シェルスクリプト、デバッグ手法が載っている。

ざっくり眺めてみたが、まあだいたいは知っているかなっていう感じ。

なにも知らない初心者だと、何のコマンドが重要でよく使うのかすらわからないと思うので、そのような人向けか。ガイドって書いてあるし。

GoogleのDeepMindが使っている深層学習ライブラリ Sonnet

github.com

TensorFlowのライブラリか何か?公開されたばかりでトレンド入りしているようだ。

qiita.com

機械学習周りは相変わらず活発な印象で、もうひとつぐらいトレンドに入っていたように見えた。

Kindleで読書期間限定ではない0円漫画が何冊か販売中/ビブリア古書堂の事件手帖ほか (2017/03/28)

Amazon Kindleでは、たまに「お試しで一ヶ月無料で読める!」系の宣伝をしているが、さらに稀に、「0円でいつまでも読める」タイプのセールのときがある、それが今だ。

とりあえず購入しておけば、暇すぎて困るときの暇つぶしになるのでポチっておく。 ただ、なかなか読む機会は来ていない。

ちなみに、今回のセールの本だと、零崎軋識の人間ノックは普通に買って読んだことがある。西尾維新原作なので途中まで買っていたが、いつからか読んでいない。果たして何巻まで読んだのか……。

PとJKとかは映画化するらしいから、それ狙いのマーケティングかな。他のチョイスはよくわからない。



花粉症対策にザイザルのジェネリックを手に入れる

花粉シーズン到来

そろそろ花粉症の時期が近づいてきて、花粉症対策の薬を飲まずにはいられない季節になりつつある。

学生の頃はまだ時間があったので、平日に耳鼻科に行きザイザルという薬をもらっていた。

これはよく効くが眠くなりにくい薬でよく飲んでいた。他には、軽度のときはクラリチンだったり、重度のときはネオマレルミンだったりしたが、最近はザイザルのことが多かった。

社会人になっても時間をとって耳鼻科に行っていたが、だんだんと行く時間も減り面倒になっていき、市販の花粉症薬を使う場合も出てきた。

いわゆるドラッグストアにおいてある、たとえばアレグラとかアレジオンとか、そういった薬である。

これらも一応は効くのだが、いかんせん量が少なく値段が高い。病院に行けないときの緊急回避的な役割として使ってきた。

ザイザルジェネリックの個人輸入

ここから先は自己責任のお話であるが、耳鼻科に行くのも面倒だし、毎年のことで花粉症で飲む薬は変わっていないし、そして素人目と個人的な経験から、耳鼻科の先生は花粉症の時期はあんまりちゃんと診ていないように見えた(あくまでも私が通っていた医師である。鼻をほとんど見ずに薬を出すときもあった)。

となると、病院に行く時間とお金と、診察の安心感の必要なさを考えると、花粉症に限って言えばジェネリックの個人輸入もありなのではないかと考えて、先月からザイザルジェネリックを購入してみている。

個人輸入と言っても、業者経由で注文するので、いわゆるネットショッピングしているのと感覚的にはあまり変わらない。

ザイザルジェネリックをオオサカ堂で買う

最大手は、オオサカ堂という会社なようなので、そこで購入している。たとえばザイザルジェネリックは以下のCrebrosという薬である。

ザイザルジェネリック5mg(Crebros)

ワンシーズンを乗り切るには1箱20錠なので、3箱の60錠は必要とすると、3270円(送料込み)である。 (ちなみに、同時に複数注文いただくと US$2ずつ割引などがあるので、ほかにも買うならもう少し安い)

通常のザイザルを診察で貰う

一方、通常の診察+薬局でザイザルを買うとすると、

診察料+薬価(1錠96.40円)となる。

ザイザル錠5mgの同種薬 - 薬価サーチ2017【薬価検索&添付文書検索】

一度に多くても2~3週間分ほどしか薬はもらえないので、診察は少なくとも2回。いくらかかるかはうろ覚えだが、適当に2回で1500円ぐらいとする。

薬価については、同じ60錠とすると、5784円である。これで足りるのか、安くなるのかは詳しくない。記載の薬価はすでに保険適用後の値段の認識だが正しいだろうか?60錠で1800円とも思えないので、まあこんなものだろう。 おおよそ、合計で7000円超えるぐらいかな?と思えばいいだろうか。


追記:コメントにて、保険適用前との情報を頂いたので再度調べてみた。

http://kafunshotaisaku.blogspot.jp/2014/03/blog-post_7784.html?m=1 などを参照すると、初診30日分で2600円と計算されている。 この合計で2600円というのは、以前に耳鼻科へ通っていた時期に払っていた金額がおおよそその程度であったと思う。

ザイザルはこのブログ記載時より薬価が落ちているため、この金額より安いと思われる。

ここでは単純に薬価の三割負担として、1800円に修正する。

診察料については、私の通った耳鼻科では長くとも1ヶ月ほどしか出してもらえなかったので、そのまま60錠で2回の診療とする。(むしろ、2,3週間分しか出してもらえないことのほうが多かったように思う)

コメント頂きありがとうございました。


ちなみに、日本ではザイザルのジェネリックはまだ認可されていない(調べた限りでは)

とすると、

通常

  • 3300円
  • 診察時間(シーズンだと0.5~2時間ぐらい?)
  • 安心安全、リスク低

個人輸入

  • 3270円
  • 診察時間0
  • 自己責任、リスク高

のどちらを取るかの判断となる。

こと健康のことだけに難しいが、花粉症に関してだけは、上述したように個人輸入でもいいかなと今のところ考えている。ほぼ変化がない毎年のことなのに、耳鼻科に並び薬をもらい、とするのがつらい。健康診断と思えばアリかもしれないが、いつもとは異なる気になる症状があったら病院に行くタイプなので不要に思う。

海外からの輸入となると、偽物や劣化品の不安はあるが、オオサカ堂は評判良い大手であるし、多くの個人がオオサカ堂で購入している花粉症薬に限ればそうそう問題はないだろう、との判断である。最初は様子身からはじめるのがいいだろう。

私はこの数週間ほど飲んでみたが、ちゃんと花粉症はおさまっているし、体調にも影響は感じていない。とはいえ、リスクは高く自己責任であることは理解した上で個人輸入は行おう。