読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちぎっては投げるブログ

Programming, Android, RaspberryPi, Digital Devices, Kinkuma Hamster...

GoogleTestをCentOS 6に入れる手順

GoogleTest導入

GoogleTestはC/C++の単体テストフレームワークである。 使いやすいので、自宅にも環境を整えておく。

GitHubからクローンしてくる

git clone https://github.com/google/googletest.git

共有ライブラリ(.so)をbuildする

mkdir lib
cd lib
cmake -DBUILD_SHARED_LIBS=ON ..
# -DBUILD_SHARED_LIBS=ONをつけない場合は静的ライブラリ(.a)が生成される
make

/usr/local(任意)に移動

sudo mkdir /usr/loacl/gtest
sudo mv (gtestのフォルダ)/ /usr/loacl/gtest/

-lgtest -lgtest_mainでリンク指定出来るようにする

1.シンボリックリンクを作る場合
sudo ln -s /usr/local/gtest/lib/*.so /usr/lib/
sudo ldconfig
2.ライブラリパスを追加する場合

~/.bashrcに以下を追加(未確認)

export CPLUS_INCLUDE_PATH="/usr/loca/gtest/include:${CPLUS_INCLUDE_PATH}"
export LIBRARY_PATH="/usr/loca/gtest/lib:${LIBRARY_PATH}"

その後ldconfig

sudo ldconfig

ライブラリが登録されているか確認

ldconfig -p | grep gtest

以下のようになればOK

$ ldconfig -p | grep gtest
        libgtest_main.so (libc6) => /usr/lib/libgtest_main.so
        libgtest.so (libc6) => /usr/lib/libgtest.so